愛知県岡崎 貸し古民家 しょうやの杜 古民家の特徴

しょうやの杜


境界線

古民家の特徴

  • 古民家の特徴

古民家の特徴

古民家と聞いて、具体的なイメージが思い浮かぶ方は少ないでしょう。家の中に土間や太い柱がある家は、昔ならではの建築様式が採用されているため古民家と言うことが出来ます。

古民家のあらまし

現代の家は基礎を固定して地震の動きを止め、窓や開口部を出来るだけ少なく、小さくして、壁を多く、広く設け壁に「かすがい」を設け、揺れや倒壊を防いでいます。その結果、気密性が高く、冬は暖かいのですが、夏は暑くエアコン無しでは過ごせません。それとは逆に古民家は、伝統工法という日本古来の建築方法で、今でいう免振構造で造られています。柱は塚石の上に乗せているだけで固定しませんから地震の揺れを逃がして直接家に伝えにくくしています。また、柱や梁には釘を使わず、木のくさびを用い、揺れにおいては、くさびが緩んで衝撃を吸収し、倒壊しにくい構造となっています。

屋根はかやぶきで軽く、揺れに強い構造となっています。また、広い掃き出しの戸をふんだんに設け、通風を良くして蒸し暑い日本の夏を過ごし易く造られています。壁は漆喰や珪藻土を用いますから、生活臭を吸収し、シックハウスの心配もありません。柱や梁が黒いのは、囲炉裏の煙の色です。この煤が木を虫から守り悠久の時を刻むことができるのです。このように、古民家は人にも環境にも優しいと言えるでしょう。

古民家ならではの魅力

昔は現代とは違う建築様式を採用して建物が作られており、建物に求めるポイントが大きく異なっています。現代では、生活のしやすさ、すなわち便利さを重視して家が建てられていますが、昔は長持ちすることを重視して家が建てられていました。
家の建て直しを行わなくても、三世代ほどが住み続けられるような長寿命の家が当たり前であったため、古民家に使用されている木材は丈夫な素材ばかりです。
現代では珍しく、高価な木材を家の建築材料として使用していることが多いため、木材の柱を古民家の中で見つけることも珍しくありません。外観に風格があり、自然環境と違和感なく溶け込んでいる古民家がほとんどなので、家の外装、内装の両方から和を大切にする日本人の心を感じることが出来るはずです。

古民家の弱みを取り除いたしょうやの杜の貸し古民家

古民家には、古民家特有の特徴も存在しています。
現代では、お風呂や台所は、スイッチを押せば火加減を調節することが出来ますが、昔の生活環境をそのまま残している古民家は、自分で火加減を調節しなければならない仕組みしか整っていません。薪を使い、火を焚いたことがない方であれば、突然そのような環境に置かれてしまうと戸惑ってしまうでしょう。
また、現代社会で普及している水洗式トイレでないと、衛生的に使用することは難しいと思います。しょうやの杜の貸し古民家は、お風呂場やトイレ、台所などの設備が現代の生活と同じ環境に整えられているので、普段の生活と変わりなくご利用いただけます。

貸し古民家の利用をお考えの方はしょうやの杜をご利用ください。
しょうやの杜が提供している貸し古民家は、宿泊やコスプレ撮影、パーティ会場としての利用など様々なシーンに対応しております。現代人にとって使いづらさを感じる古民家の特徴を取り払った、しょうやの杜の貸し古民家であれば、設備の使用に苦労することなく古民家ならではの魅力を感じていただけます。
台所は、IHシステムキッチンを採用しているので自炊もしやすいかと思います。他の施設利用者の目を気にすることなく利用することが可能な一棟貸しなので、お気軽にご利用ください。



Copyright c しょうやの杜 All Rights Reserved.