愛知県岡崎 貸し古民家 しょうやの杜 法事に関する豆知識

しょうやの杜


境界線

法事に関する豆知識

  • 法事に関する豆知識

法事に関する豆知識

法事は故人の冥福と供養を営むための仏教行事でもありますが、人との繋がりを改めて認識するための行事でもあります。
法事には専門的な内容が数多くあり、すべて理解されている方は少ないです。こちらでは法事に関する豆知識をご紹介しています。

法事と法要の違いについて

法事と法要を同じものと考えている方は少なくないですが、それぞれ違いがあります。遺族が故人に対して同情や賞賛をし、冥福を祈るために営むことを法要と言います。また、法要は追善供養とも呼ばれており、法要はこの追善供養を指しています。法事はこの法要と後席の会食まで含めた行事を指しており、どちらも故人を供養するために必ず行わなければならない儀式となっています。

法要の時期について

法要は決められた時期に行わなければならないと決められており、特に初七日や四十九日、一周忌は重要となります。
初七日は遺族や親族をはじめ知人や友人で供養を営み、住職に経をあげてもらった後に焼香をして会食をします。初七日は故人が三途の川のほとりにたどり着くまでの日数とされており、緩流か急流、激流のいずれかが決まる日でもあるため、緩流が選ばれるように法要を営みます。

故人が亡くなられて四十九日目には、故人の来世が決定する重要な日となっており、四十九日には遺族や親族をはじめ知人や友人で忌明けの法要を行います。一周忌は故人が亡くなられて一年経過した時に営む法事であり、初七日や四十九日同様に遺族や親族、知人や友人が出席します。一周忌を終えた日から喪が明けますので、故人からご先祖様になります。

法事会場をどこにするか迷っているという方は、愛知県岡崎市にあるしょうやの杜の貸し古民家をご活用ください。広々としたホールと和室を備えており、一軒まるごと貸し切りすることが出来ます。
和室にご位牌を安置し、お坊さんをお呼びして法要を行うことも出来ます、法要後の会食も会場を移動する必要も無く、テーブルと椅子でお料理を頂けますので、若い方からご年配の方まで好評です。

また、お食事は四季の食材を厳選した器盛でご提供申し上げます。
法事として活用するだけでなく宿泊施設としても利用出来ますので、岡崎市で法事の予定がある方はぜひご利用ください。



Copyright c しょうやの杜 All Rights Reserved.